9・宮本武蔵「地の巻」「花御堂(1)(2)」


朗読「地の巻9.mp3」24 MB、長さ: 約10分21秒

花御堂はなみどう

やままたやまという言葉ことばは、このくににおいてはじめてふさわしい。播州龍野口ばんしゅうたつのぐちからもう山道さんどうである、作州街道さくしゅうかいどうはそのやまばかりをってはいる、国境こっきょう棒杭ぼうぐいも、山脈さんみゃくなかにっていた、杉坂すぎさかえ、中山峠なかやまとうげえ、やがて英田川あいだがわ峡谷きょうこくあしもとにおろすあたりまでかかると、
(おやこんなところまで、人家じんかがあるのか)
と、旅人たびびと一応いちおうそこでをみはるのがつねだった。
しかも戸数こすう相当そうとうにある。山沿やまぞいや、とうげ中腹ちゅうふくや、いしころばたけや、部落ぶらくりあいではあるが、つい去年きょねんせきはらいくさまえまでは、このかわ十町じゅっちょうばかり上流かみには、小城こじろながら新免しんめん伊賀守いがのかみ一族いちぞくんでいたし、もっとおくには、因州いんしゅうざかい志戸坂しどざか銀山ぎんざんに、鉱山掘かなやまほりがいまもたくさんている。
――また鳥取とっとりから姫路ひめじもの但馬たじまから山越やまごえで備前びぜん往来おうらいする旅人たびびとなど、この山中さんちゅう一町ひとまちには、かなり諸国しょこく人間にんげんがながれこむので、やままたやまおくとはいえ、旅籠はたごもあれば、呉服屋ごふくやもあり、よるになると、しろ蝙蝠こうもりのようなかおをした飯盛女めしもりおんな軒下のきしたえたりする。
ここが、宮本村みやもとむらだった。
いしせたそれらの屋根やねが、したえる七宝寺しっぽうじえんがわで、おつうは、
「アア、もうじき、一年いちねんになる」
ぼんやり、くもながら、かんがえていた。
孤児みなしごであるうえに、寺育てらそだちのせいもあろう、おつうという処女おとめは、香炉こうろはいのように、つめたくてさびしい。
としは、去年きょねん十六じゅうろく許嫁いいなずけ又八またはちとは、ひとしただった。
その又八またはちは、むら武蔵たけぞうといっしょに、去年きょねんなついくさへとびだしてから、そのとしれても、沙汰さたがなかった。
正月しょうがつには――二月にがつには――と便たよりのそらだのみも、このごろたのみにてなくなった。もう今年ことしはる四月しがつはいっているのだった。
「――武蔵たけぞうさんのいえへも、なん音沙汰おとさたがないというし……やっぱり二人ふたりとも、んだのかしら」
たまたま、他人ひとむかって、嘆息たんそくをもらしてうったえると、あたりまえじゃと、だれもがいう。ここの領主りょうしゅ新免伊賀守しんめんいがのかみ一族いちぞくからして、一人ひとりとして、かえってものはいないのだ、いくさあと、あの小城こじろはいっているのは、みなかおらない徳川系とくがわけい武士衆さむらいしゅうではないかという。
「なぜおとこは、いくさになどくのだろう。あんなにめたのに――」
えんがわにすわりこむと、おつうは、半日はんにちでもそうしてられた、さびしいそのかおが、ひとりで物思ものおもうことをこのむように。
きょうも、そうしていると、
「おつうさん、おつうさん」
だれかよんでいる。
庫裡くりそとだった。ぱだかおとこが、井戸いどのほうからあるいてくる、まるでいぶしにかけた羅漢らかんである。三年さんねん四年目よねんめには、てらとま但馬たじまくに雲水うんすいで、三十歳さんじゅっさいぐらいなわか禅坊主ぜんぼうずなのだ、胸毛むなげのはえたはだなたにさらして、
「――はるだな」
ひとりでうれしそうにいう。
はるはよいが、半風子しらみのやつめ、藤原道長ふじわらみちながのように、このをばわがものがお振舞ふるまうから、一思ひとおもいにいま洗濯せんたくしたのさ。……だが、このボロ法衣ごろも、そこのちゃにはしにくいし、このももはなざかりだし、わしが生半可なまはんか風流ふうりゅうかいするおとこだけに、こまったよ。おつうさん、物干ものほ竿ざおあるか」
つうは、かおあからめて、
「ま……沢庵たくあんさん、あなた、はだかになってしまって着物きものかわくあいだ、どうするです?」
てるさ」
「あきれたおひと
「そうだ、明日あしたならよかった、四月八日しがつようか灌仏会かんぶつえだから、甘茶あまちゃびて、こうしている――」
と、沢庵たくあんは、真面目まじめくさって、両足りょうあしをそろえ、天上天下てんじょうてんげゆびをさして、お釈迦しゃかさまの真似まねをした。

「――天上天下てんじょうてんげ唯我独尊ゆいがどくそん
いつまでもご苦労くろうさまに、沢庵たくあん真面目まじめくさって、誕生仏たんじょうぶつ真似まねしてせているので、おつうは、
「ホホホ、ホホホ。よくあいますこと。沢庵たくあんさん」
「そっくりだろう、それもそのはず。わしこそは悉達多太子しったるたたいしうまれかわりだ」
「おちなさい、いまあたまから甘茶あまちゃをかけてあげますから」
「いけない。それはあやまる」
はちが、かれあたまをさしにた。お釈迦しゃかさまはまた、あわててはちへも両手りょうてをふりまわした。はちは、かれのふんどしがけたのをて、そのすきげてしまった。
つうは、えんにうつして、
「アア、おなかがいたい」
と、わらいがとまらずにいた。
但馬たじま国生くにうまれの宗彭沢庵しゅうほうたくあんのるこのわか禅坊主ぜんぼうずには、ふさぎしょうのおつうも、この青年僧せいねんそうとまっているあいだは、毎日笑まいにちわらわずにいられないことがおおかった。
「そうそうわたしは、こんなことをしてはいられない」
草履ぞうりへ、しろあしをのばすと、
「おつうさん、どこへくのかね」
「あしたは、四月八日しがつようかでしょう、和尚おしょうさんから、いいつけられていたのを、すっかりわすれていた。毎年まいとしするように、花御堂はなみどうはなんできて、灌仏会かんぶつえのお支度したくをしなければならないし、ばんには、甘茶あまちゃておかなければいけないでしょう」
「――はなみにゆくのか。どこへけば、はながある」
しもしょう河原かわら
「いっしょにこうか」
「たくさん」
花御堂はなみどうにかざるはなを、一人ひとりむのはたいへんだ、わしも手伝てつだおうよ」
「そんな、はだかのままで、ッともない」
人間にんげん元来がんらいはだかのものさ、かまわん」
「いやですよ、いてては!」
つうげるように、てらうらけてった。やがてかごにかけ、かまって、こっそり裏門うらもんからぬけてゆくと、沢庵たくあんは、どこからさがしてきたのか、ふとんでもつつむようなおおきな風呂敷ふろしきからだいて、あとからついてきた。
「ま……」
「これならいいだろう」
むらひとわらいますよ」
「なんとわらう?」
はなれてあるいてください」
「うそをいえ、おとこならんであるくのはきなくせに」
らない!」
つうさきしてしまう。沢庵たくあんは、雪山せっせんからりてきた釈尊しゃくそんのように、風呂敷ふろしきのすそを翩翻へんぽんかぜにふかせながら、うしろからあるいてるのであった。
「アハハハ、おこったのかい、おつうさん、おこるなよ、そんなにふくれたかおすると、恋人こいびとにきらわれるぞ」
むらから五町ごちょうほど下流しも英田川あいだがわ河原かわらには、撩乱りょうらんはる草花くさばながさいていた。おつうは、かごをそこにおろして、ちょうれにかこまれながら、もうそこらのはなに、かまさきをうごかしている――
平和へいわだなあ」
青年沢庵せいねんたくわんは、わかくして多感たかんな――そして宗教家しゅうきょうからしい詠嘆えいたんらしてそのそばった。おつうが、せっせとはなっている仕事しごとには手伝てつだおうともしないのである。
「……おつうさん、おまえのいま姿すがたは、平和へいわそのものだよ。人間にんげんだれでも、こうして、万華まんげ浄土じょうどせいたのしんでいられるものを、このんでき、このんでなやみ、愛慾あいよく修羅しゅら坩堝るつぼへ、われからちてって、八寒十熱はっかんじゅうねつほのおかなければがすまない。……おつうさんだけは、そうさせたくないものだな」