3・宮本武蔵「地の巻」「鈴(5)毒茸(1)」


朗読「地の巻3.mp3」21 MB、長さ: 約9分22秒

朴炭ほおずみこなくちいっぱいんでは、韮粥にらがゆべてている又八またはちと、鉄砲てっぽうあなのあいた深股ふかもも傷口きずぐちを、せッせと焼酎しょうちゅうあらっては、よこになっている武蔵たけぞうと、まき小屋ごやなか二人ふたり養生ようじょうは、それが日課にっかだった。
なに稼業かぎょうだろう、このいえは」
何屋なにやでもいい、こうしてかくまってくれるのは、地獄じごくほとけというものだ」
内儀ないぎもまだわかいし、あんな小娘こむすめ二人ふたりりで、よくこんな山里やまざとんでいられるな」
「あの小娘こむすめは、七宝寺しっぽうじのおつうさんに、どこかてやしないか」
「ウム、可愛かわいらしいだ、……だが、あの京人形きょうにんぎょうみたいな小娘こむすめが、なんだって、おれたちでさえもいい気持きもちのしない死骸しがいだらけな戦場せんじょうを、しかも真夜半まよなか、たった一人ひとりあるいていたのか、あれがせない」
「オヤ、すずおとがする」
みみまして――
朱実あけみというあの小娘こむすめたらしいぞ」
小屋こやそとで、跫音あしおとまった。そのひとらしい。啄木きつつきのように、そとからかるをたたく。
又八またはちさん、武蔵たけぞうさん」
「おい、だれだ」
わたしです、おかゆってました」
「ありがとう」
むしろうえからがって、なかからじょうをあける。朱実あけみは、くすりだの食物たべものだのをはこぼんにのせて、
「おからだはどうですか」
「おかげで、このとおり、二人ふたりとも元気げんきになった」
「おっさんがいいましたよ、元気げんきになっても、あまおおきなこえはなしたり、そとかおさないようにって」
「いろいろと、かたじけない」
石田三成様いしだみつなりさまだの、浮田秀家様うきたひでいえさまだの、せきはらからげた大将たいしょうたちが、まだつかまらないので、このへんも、御詮議ごせんぎで、大変たいへんなきびしさですって」
「そうですか」
「いくら雑兵ぞうひょうでも、あなたがたかくしていることがわかると、わたしたちもしばられてしまいますからね」
わかりました」
「じゃあ、おやすみなさい、また明日あした――」
微笑ほほえんで、そと退こうとすると、又八またはちびとめて、
朱実あけみさん、もうすこし、はなしてかないか」
いや!」
「なぜ」
「おっさんにしかられるもの」
「ちょっと、きたいことがあるんだよ。あんた、幾歳いくつ?」
十五じゅうご
十五じゅうご? ちいさいな」
おおきなお世話せわ
「おとうさんは」
「いないの」
稼業かぎょうは」
「うちの職業しょうばいのこと?」
「ウム」
「もぐさ
「なるほど、やいともぐさは、この土地とち名産めいさんだっけな」
伊吹いぶきよもぎを、はるって、なつして、あきからふゆにして、それから垂井たるい宿場しゅくばで、土産物みやげものにしてるのです」
「そうか……もぐさづくりなら、おんなでも出来できるわけだな」
「それだけ? 用事ようじは」
「いや、まだ。……朱実あけみさん」
「なアに」
「このあいだばん――おれたちがここのうちはじめてたずねてばんさ――。まだ死骸しがいがたくさんころがっているいくさあとあるいて、朱実あけみちゃんはいったいなにをしていたのだい。それがきたいのさ」
らないッ」
ぴしゃっとをしめると、朱実あけみは、たもとすずらして、母屋おもやのほうへった。

毒茸どくだけ

五尺六ごしゃくろく七寸しちすんはあるだろう、武蔵たけぞうがすぐれてたかかった、よくける駿馬しゅんめのようである。すねうで伸々のびのびとしていて、くちあかい、まゆい、そしてそのまゆ必要以上ひつよういじょうながく、きりっとじりをえていた。
――豊年童子ほうねんわらべや。
郷里きょうり作州さくしゅう宮本村みやもとむらものは、かれ少年しょうねんころには、よくそういってからかった。眼鼻めはなだちも手足てあしも、ひとなみはずれて寸法すんぽうおおきいので、よくよく豊年ほうねんまれただろうというのである。
又八またはちは、その「豊年童子ほうねんわらべ」にかぞえられるくみだった。だが又八またはちのほうは、かれよりいくらかひくくて固肥かたぶとりに出来できていた。碁盤ごばんのような胸幅むなはば肋骨あばらをつつみ、まるッこいかお団栗眼どんぐりまなこを、よくうごかしながらものをいう。
いつのまに、のぞいてたのか、
「おい、武蔵たけぞう、ここのわか後家ごけは、毎晩まいばん白粉おしろいをつけて、化粧めかしこむぞ」
などとささやいたりした。
どっちもわかいのである。びるさかりの肉体にくたいだった、武蔵たけぞう弾傷たまきずがすっかりなおころには、又八またはちはもうまき小屋ごや湿々じめじめした暗闇くらやみに、じっと蟋蟀こおろぎのような辛抱しんぼうはしていられなかった。
母屋おもやばたにまじって、後家ごけのおこうや、小娘こむすめ朱実あけみ相手あいてに、万歳まんざいうたったり、軽口かるぐちをいって、ひとわらわせたり、自分じぶんわらいこけているきゃくがあるとおもうと、それがいつのにか、小屋こやには姿すがたえない又八またはちだった。
――よるも、薪小屋まきごやにはないばんのほうがおおくなっていた。
たまたま、さけくさいいきをして、
武蔵たけぞうも、いや」
などと、っぱりしにる。
はじめのうちは、
「ばか、おれたちは、落人おちゅうどじゃないか」
と、たしなめたり、
さけは、きらいだ」
と、そっけなくていたかれも、ようやく倦怠けんたいをおぼえてくると、
「――大丈夫だいじょうぶか、このへんは」
小屋こやて、二十日はつかぶりに青空あおぞらあおぐと、おもうさま、ぼねにびをあたえて欠伸あくびした。そして、
またやん、あま世話せわになってはわるいぞ、そろそろ故郷くにかえろうじゃないか」
と、いった。
おれも、そうおもうが、まだ伊勢路いせじも、上方かみがた往来おうらいも、木戸きどきびしいから、せめて、ゆきのふるころまでかくれていたがよいと、後家ごけもいうし、あのむすめもいうものだから――」
「おぬしのように、ばたで、さけをのんでいたら、ちっとも、かくれていることにはなるまいが」
「なあに、このあいだも、浮田中納言様うきたちゅうなごんさまだけがつかまらないので、徳川方とくがわがたさむらいらしいのが、躍起やっきになって、ここへも詮議せんぎたが、そのおり、あいさつにて、かえしてくれたのはおれだった。薪小屋まきごやすみで、跫音あしおときこえるたび、びくびくしているよりは、いっそ、こうしているほう安全あんぜんだぞ」
「なるほど、それもかえってみょうだな」
かれ理窟りくつとはおもいながら、武蔵たけぞう同意どういして、そのから、とも母屋おもやうつった。
甲後家こうごけは、いえなかにぎやかになってよいといい、よろこんでいるふうこそえるが、迷惑めいわくとはすこしもおもっていないらしく、
またさんか、たけさんか、どっちか一人ひとり朱実あけみ婿むこになって、いつまでもここにいてくれるとよいが」
と、いったりして、初心うぶ青年せいねんするのをてはおかしがった。