イソップ物語「90-旅から帰った人の話」


朗読「90-旅から帰った人の話.mp3」2 MB、長さ: 約 1分 42秒

(90)たびからかえったひとはなし

 ある一人ひとりおとこが、外国がいこく旅行りょこうしておりましたが、無事ぶじかえってきますと、
「このおはなしは、わたしが、旅先たびさきでやってたことですよ。」
っては、いろいろな不思議ふしぎはなしをしてかせたのでした。
 そのうちに、ローズとうしまで、幅跳はばとびの競争きょうそう仲間なかまはいって、自分じぶん一番いちばん成績せいせきで、その幅跳はばとびをしたことをはなして、
「まあまあ、なんですよ。ローズとうって、だれでもよろしいからいてごらんなさい。だれだって、そりゃあ本当ほんとうだ、といまして、いまでも、島中しまじゅう話題わだいですからね。」
と、したのでした。
 すると、この時話ときはなしいていましたひとたちのうちの一人ひとりが、
「はは、あなたが、いまのおはなしとおり、そんな素敵すてき幅跳はばとびをおやりになるのでしたら、なにもわざわざローズとうまで、出掛でかけてくことはありませんよ、そら、ちょっとのあいだ、ここをローズとうだと想像そうぞうして、ね、よろしいですか、ちょっと一飛ひととんでごらんなさい。さあさあ、いちさん、ほらんでごらんなさいよ。」
と、いました。