イソップ物語「50-漁師」


朗読「50-漁師.mp3」1 MB、長さ: 約 1分 38秒

(50)漁師りょうし

 あるかぜいだ漁師達りょうしたち浜辺はまべまして、地引じびきあみきました。すると、あみ手応てごたえが、大変たいへんおもいものですから、漁師達りょうしたち大喜おおよろこびで、
「これはありがたいぞ、こう手応てごたえがあるようじゃ、きっと大漁たいりょうだ!」
 と、元気げんきして、えい、えいと掛声かけごえいさましく、げました。
 そして、いそいであみなかのぞいてみますと、これはなんとしたことか、手応てごたえがあったとおもったのは、すな石塊いしころがいっぱいあみっかかったので、肝心かんじんさかないましては、雑魚ざこ二三尾にさんびきさみしくねているばかりでありました。
 これには、あんまりてがはずれすぎましたので、漁師達りょうしたちもがっかりとしまして、
「なあんだ、つまらない!」
 と、きゅうにしょげかえってしまいました。すると、そこをとおりかかりました、おな仲間なかま漁師りょうしで、もうとしをとりましたのが、この有様ありさまて、
「おまえさんたちなにもそんなにちからとすにはおよばないよ。あとには、わるいとって、あんまり物事ものごとうまきすぎると、あとがこわいからね。」
 と、って、なぐさめてくれました。