イソップ物語「32-旅人とすずかけの樹」


朗読「32-旅人とすずかけの樹.mp3」2 MB、長さ: 約 2分 09秒

(32)旅人たびびととすずかけの

 あるなつあつ日盛ひざかりに、ぱっぱっとそれはそれはひどいすなぼこりのあがるみちを、二人ふたり旅人たびびとが、あせながながしあるいておりました。
 ところが、もなく、一本いっぽんのすずかけのがありまして、るからに、さもすずしそうなかげつくっておりましたので、旅人たびびとは、
「あっ、これは結構けっこうなものがあった。早速さっそくこのかげはいって、しばらくやすみましょうや、まあまあ、おかげたすかったとうものだ。」
 と、よろこびまして、えだがさしわして、こんもりとしたしたやすみまして、あつ日光にっこうけるのでありました。
 かくて、二人ふたりはこうしてやすんでおりましたが、そのうちに、ふと一人ひとりうえあおぎまして、れの旅人たびびとかい、
とききみ、どうもこのすずかけのというぐらい、やくたぬものはないね。果物くだものひとつなるでなしさ、本当ほんとう人間にんげんにはまるっきりなん利益りえきにもならぬものだね。」
 と、はなしかけました。
 このとき旅人たびびとうえで、これをきましたすずかけのは、大変たいへんはらてまして、
「このおんしらずめ、ひと馬鹿ばかにするにもほどがあるじゃないか。お前達まえたちは、げんに、わたしのすずしい葉陰はかげで、きつくような、太陽たいようねつけて、そのとお楽々らくらくやすんでいるじゃないか。お前達まえたちが、すずしいおもいをしているのは、みんなわたしのおかげなんだよ。それにわたしの悪口わるくちって、無用むようだなんぞと、くちくのもいい加減かげんにするがい。ほんとうにあきれた恩知おんしらずだ!」
 と、さけびました。