朗読「聊斎志異 34」

「聊斎志異 34」
作:蒲松齢
訳:柴田天馬
読み手:武葉槌

<今回の音声は。。。>

「聊斎志異」、34回目です。

今回は四巻から、
・梁彦
・楽仲
・保住
・翩々
・瞳人語

以上の話を読ませていただきました。

☆☆ 「聊斎志異」は、いったん今週でお休みに入ります。 ☆☆
☆☆ 来週から木曜日は江戸川乱歩先生の「少年探偵団」シリーズを順番に読んでいく予定です。 ☆☆

 

← 聊斎志異33へ

← 聊斎志異1へ

「聊斎志異」について
「wikipedia」より
———————————————
聊齋は蒲松齢の号および書斎の名である。
『聊齋志異』とは「聊齋が異を志す」の意味。
内容は神仙、幽霊、妖狐等にまつわる怪異譚。
当時世間に口伝されていたものを収集して文言小説の形にまとめたものである。
作者の没後約半世紀を経て刻本として上梓された。
版本によって異同があるが、およそ500篇の作品を収録している。
———————————————–

蒲松齢 作
柴田天馬 訳
昭和30年、角川書店発行、「完訳 聊斎志異」全八巻を一巻から順番に読ませていただいています。

差別的な表現などは言い換えたり、飛ばしても意味の通るものは飛ばしてよんでいます。あらかじめご了承ください。