朗読「半七捕物帳 8.帯取りの池」岡本綺堂


再生(▲)ダウンロード(︙)
「to008_hanshichi2020-8.mp3」54MB

スポンサーリンク

<今回の音声は。。。>

今ではすっかり埋められて跡形もないが、江戸時代には「帯取りの池」といういわくのある池があった。
その池に、女の帯が浮いているということで、みんな大騒ぎになった。

☆☆「手を下す」につきまして☆☆
今回の朗読では「てをおろす」と読んでいます。
これは岡本綺堂先生のくせと言いますか、わざわざふり仮名をつけてそう読ませているもので、朗読者の読み間違いではありませんので、ご了承ください。

 

「半七捕物帳」について


「wikipedia」より
———————————————
『半七捕物帳』 (はんしちとりものちょう) は、岡本綺堂による時代小説で、捕物帳連作の嚆矢とされる。

かつて江戸の岡っ引として、化政期から幕末期に数々の難事件・珍事件にかかわった半七老人を、明治時代に新聞記者の「わたし」が訪問し、茶飲み話のうちに手柄話や失敗談を聞きだすという構成で、旧幕時代の風俗を回顧しながら探偵小説としての謎解きのおもしろさを追求する趣向の小説である。
作中で「捕物帳」とは、町奉行所の御用部屋にある当座帳のようなもので、同心や与力の報告を書役が筆記した捜査記録をさしている。

近代日本における時代小説・探偵小説草創期の傑作である。1917年(大正6年)に博文館の雑誌「文芸倶楽部」で連載が始まり、大正年間は同誌を中心に、中断を経て1934年(昭和9年)から1937年(昭和12年)までは講談社の雑誌「講談倶楽部」を中心に、短編68作が発表された。
———————————————–

今回使ったテキストは、以下の通りです。

「日本小説文庫130:半七捕物帳10」
出版社: 春陽堂書店
発行日: 昭和11年6月11日(19版)

差別的な表現などは言い換えたり、飛ばしても意味の通るものは飛ばしてよんでいます。

素人のクセだらけの読みですが、気に入っていただけるとうれしいです。

【武葉槌からのご連絡】

サイトリニューアルについて

2021年2月から3月にかけてサイトリニューアル作業をしました。
今まで朗読を動画でアップしていましたが、音声をダウンロードしたいというリクエストがあったため、mp3音声に変更したのが一番大きな変更点です。

それで、一人での作業のため、何かしらミスがある可能性があります。
もしタイトルと音声が違うとか、音声が途中で切れているなど、何かありましたらお手数ですが情報の共有をお願いします。
情報はお問い合わせ掲示板に書き込んでいただけると助かります。

読み間違いについて

それから、音声の中で読み間違いなど発見しましたら、読み間違いご指摘板に情報の共有をお願いします。

今のところご指摘いただいたのは以下の通りです。
1.複数の音声で「野点(のだて)」を「のてん」と読み間違っている。
2.複数の音声で京都の「四条(しじょう)」を「よじょう」と読み間違っている。
3.「眼差し(まなざし)」を「めざし」と読み間違っている

お詫びして訂正させていただきます。

**岡本綺堂先生の朗読内で「手を下す」を「てをおろす」と読んでいるのは、原本にふりがなまたはひらがなで書かれているもので、読み間違いではありません。
岡本 綺堂時代劇捕物帳
武葉槌(管理人)をフォローする
スポンサー
ロウドクソウコ
タイトルとURLをコピーしました