朗読「天狗の面 6」田中 貢太郎

怪談(田中貢太郎)

「天狗の面 6」
作:田中 貢太郎(1880~1941)
読み手:武葉槌
2018年5月作成

 

<今回の音声は。。。>

今回収録したのは、以下のとおりです。

85.四国遍路の奇跡
86.如来像の怒
87.掠奪した短刀
88.朝倉一五〇
89.飛行機の怪紳士
90.追っかけてくる飛行機
91.人のいない飛行機
92.空中に消えた兵曹
93.電球にからまる怪異
94.長崎の電話
95.日本橋まで
96.消えてなくなった女
97.王子稲荷の前
98.毒を仰いだ運転手
99.母親に逢いに来た女
100.芦屋の家へ帰る女
101.自動車に乗る妖女
102.丸髷の美女

 

「天狗の面」について

田中貢太郎先生の書いた短編集。
怪談というよりは、都市伝説とか不思議な話といった方があっているかなと思います。
新聞に載っていたことや、人から聞いた話など、実録物がおおいです。

ちょうど戦時中に発行された本なので、中に戦争賛美の話がいくつかありましたが、これはできるだけ飛ばして読んでいます。
戦争中の話でも、話の内容が面白いと思ったものはそのまま読んでいます。

国立国会図書館デジタルコレクションで、保護期間満了で公開されているテキストを使わせていただいています。
田中貢太郎 著
出版者:春陽堂書店
出版年月日:1940.8
シリーズ名:春陽堂文庫 ; 大衆文學篇

差別的な表現などは言い換えたり、飛ばしても意味の通るものは飛ばしてよんでいますので、ご了承下さい。

 

素人のクセだらけの読みですが、気に入っていただけるとうれしいです。

 

<<ブログ更新お知らせメール>>

You Tubeのチャンネル登録のように、新作の音声をアップしたときに、メールでお知らせするサービスです。
下の項目を入力して「登録する」ボタンを押すと、当ブログの新作音声をアップしたときに、メールでお知らせします。

怪談(田中貢太郎)
ロウドクソウコ