宮本武蔵

宮本武蔵

朗読「宮本武蔵26 火の巻11」吉川英治

「宮本武蔵26 火の巻11」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「微笑」、「魚紋」の章の朗読です。 お杉ばばの針で目が痛む武蔵。 着物の端を裂いて、後ろから近づいて来...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵25 火の巻10」吉川英治

「宮本武蔵25 火の巻10」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「公開状」、「孤行八寒」、「針」の章の朗読です。 四条道場では、清十郎が小次郎の帰りを待っていた。 だ...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵24 火の巻9」吉川英治

「宮本武蔵24 火の巻9」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「冬の蝶」、「心猿」の章の朗読です。 宿から逃げ出した朱実は船に乗り、以前城太郎から聞いた、武蔵が正月に京...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵23 火の巻8」吉川英治

「宮本武蔵23 火の巻8」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「奔馬」の章の朗読です。 朝早く宿を出た、お通と城太郎。 城太郎は馬に乗りたいとだだをこねる。 しかた...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵22 火の巻7」吉川英治

「宮本武蔵22 火の巻7」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「風車」の章の朗読です。 すっかり足の傷の腫れも引いた武蔵。 ふと、前を歩く二人の男に目をとめる。。。 ...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵21 火の巻6」吉川英治

「宮本武蔵21 火の巻6」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「神泉」「冬かげろう」の章の朗読です。 うっかり古釘を踏んでしまい、傷が化膿してひどく腫れてしまった武蔵。...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵20 火の巻5」吉川英治

「宮本武蔵20 火の巻5」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「物干竿」「山川無限」の章の朗読です。 藤次の仕返しをしようと、道場の若い者達は例の美少年を追って、あちこ...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵19 火の巻4」吉川英治

「宮本武蔵19 火の巻4」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「わすれ貝」「無常」「旧約」の章の朗読です。 祇園藤次は、美少年にしてやられて、髷を切られてしまい、こそこ...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵18 火の巻3」吉川英治

「宮本武蔵18 火の巻3」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「火の巻」から「怨敵」「美少年」の章の朗読です。 ついに又八にあったお杉ばば。 又八は本当のこと、嘘のこと、入り交じっ...