宮本武蔵

宮本武蔵

朗読「宮本武蔵55 空の巻13」吉川英治

「宮本武蔵55 空の巻13」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「仮名がき経典」、「血五月雨」の章の朗読です。 ところ代わって、半瓦弥次兵衛の家。 お杉ばばはそこで、...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵54 空の巻12」吉川英治

「宮本武蔵54 空の巻12」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「懸り人」、「飛札」の章の朗読です。 お通は無事、柳生家に身を寄せていた。 どうやって又八から逃げたの...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵53 空の巻11」吉川英治

「宮本武蔵53 空の巻11」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「かたな談義」、「道草ぎつね」の章の朗読です。 刀を研ぎに店に入った武蔵。 そこには怖ろしくのんびりし...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵52 空の巻10」吉川英治

「宮本武蔵52 空の巻10」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「卯月の頃」、「入城符」「蝿」の章の朗読です。 細川家の江戸藩邸。 長岡佐渡は二人の男を当家に奉公する...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵51 空の巻9」吉川英治

「宮本武蔵51 空の巻9」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「土匪来」、「征夷」の章の朗読です。 新たに武蔵の弟子になった、伊織。 武蔵は川の灌漑に励んでいた。 ...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵50 空の巻8」吉川英治

「宮本武蔵50 空の巻8」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「通夜童子」、「一指さす天」「この師この弟子」の章の朗読です。 武蔵は一度江戸へ行き、数日してすぐみちのく...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵49 空の巻7」吉川英治

「宮本武蔵49 空の巻7」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「かんな屑」、「梟」の章の朗読です。 思いがけず小次郎に会ったお杉ばば。 半瓦の親分も、小次郎の強さに感...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵48 空の巻6」吉川英治

「宮本武蔵48 空の巻6」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「草分の人々」、「喧嘩河原」の章の朗読です。 江戸へやって来たお杉ばば。 左官に泥をかけられたり、お金を...
宮本武蔵

朗読「宮本武蔵47 空の巻5」吉川英治

「宮本武蔵47 空の巻5」 作:吉川英治 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「空の巻」の、「下り女郎衆」、「火悪戯」「草雲雀」の章の朗読です。 京都の遊郭の一行が江戸へ向って甲州街道を歩いていた。...