岡本 綺堂

岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 68 二人女房」岡本綺堂

「半七捕物帳 68 二人女房」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 今回の話は似たような二人の女房が出てきて、少し入り組んでいます。 泉屋の女房、お大。 伊豆屋の女房、お八重。 どちら...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 67 薄雲の碁盤」岡本綺堂

「半七捕物帳 67 薄雲の碁盤」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 薄雲の碁盤。 怪談めいた由来話のあるこの碁盤は、ネズミを寄せ付けないと言う噂があった。。。 「半七捕物帳...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 66 地蔵は踊る」岡本綺堂

「半七捕物帳 66 地蔵は踊る」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 今回は縛られ地蔵という地蔵にまつわる話です。 「半七捕物帳」について 「wikipedia」より ...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 65 夜叉神堂」岡本綺堂

「半七捕物帳 65 夜叉神堂」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 今回は半七の受け売りの話です。 竜土(りゅうど)の兼松が今回のお話の主人公になります。 「半七捕物帳」につ...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 64 廻り灯籠」岡本綺堂

「半七捕物帳 64 廻り灯籠」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 日本橋伝馬町の牢内から、六人の男達が牢破りをした。 牢抜けのなかに石町の金蔵と言う男がいた。。。。 「半七...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 63 川越次郎兵衛」岡本綺堂

「半七捕物帳 63 川越次郎兵衛」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 江戸城内、どこをどう入って来たのか、一人の男が、「今日中に天下を自分に渡せ」と真面目な顔をして大声でどなったので、役人...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 62 歩兵の髪切り」岡本綺堂

「半七捕物帳 62 歩兵の髪切り」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 幕府の歩兵の屯所で、20日ばかりの間に、11人もの歩兵が髪を切られてしまった。 寝ているうちに切られたのもあり、いつ...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 61 吉良の脇指」岡本綺堂

「半七捕物帳 61 吉良の脇指」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 代々ある屋敷に伝わる吉良上野(こうずけ)の脇指。 今回はこの脇差にまつわるお話です。 「半七捕物帳」につ...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 60 青山の仇討」岡本綺堂

「半七捕物帳 60 青山の仇討」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 下総(現在の千葉県北部と茨城県の一部)から江戸へ芝居見物にやって来た男女4人。 芝居見物も終わり、江戸の親戚の家へ挨拶...