岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 33 旅絵師」岡本綺堂

「半七捕物帳 33 旅絵師」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 今回は江戸の隠密の話。 隠密が東北のある大名の跡目争いを調べに行くが、その途中である大きな店の娘を助ける。 そのままその店に世話にな...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 32 海坊主」岡本綺堂

「半七捕物帳 32 海坊主」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 安政二年、ちょうどその日は潮干狩りでにぎわっていた。 そこへおかしな男が現われる。 突然、「潮が来る。颶風が来る」と大きな声で騒ぎ出...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 31 張子の虎」岡本綺堂

「半七捕物帳 31 張子の虎」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 品川の伊勢屋。 そこの店で二枚目を張っているお駒という女が変死した。 半七がその調査に向う。 「半七捕物帳」につ...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 30 あま酒売」岡本綺堂

「半七捕物帳 30 あま酒売」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 毎日暮れ六ツ――俗にいう『逢魔おうまが時とき』の刻限から、ひとりの婆さんが甘酒を売りに出る。 そんな噂が巷に流れた。 この...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 29 熊の死骸」岡本綺堂

「半七捕物帳 29 熊の死骸」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 弘化二年正月の二十四日、青山から麻布にかけて大火事が起こった。 半七は子分を連れて、知り合いが被害にあっていないか出かけることに...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 28 雪達磨」岡本綺堂

「半七捕物帳 28 雪達磨」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> ある大雪が降ったときの話。 町の人たちはみな、雪だるまを作った。 数日すると、その雪だるまたちはだんだんととけてきた。 と...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 27 化け銀杏」岡本綺堂

「半七捕物帳 27 化け銀杏」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 「わたし」が半七老人を訪ねると、老人は二人連れの客を見送っているところであった。 二人のうち、年上の方は半七の古い友人であった。...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 26 女行者」岡本綺堂

「半七捕物帳 26 女行者」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 八丁堀同心からの迎えを受けて、半七はすぐにその屋敷に出かけて行った。 最近不審な行動をしている者がいるので調べて欲しいという。 それ...
岡本 綺堂

朗読「半七捕物帳 25.狐と僧」岡本綺堂

「半七捕物帳 25.狐と僧」 作:岡本綺堂 読み手:武葉槌 <今回の音声は。。。> 今回は半七が自分で手がけた話。 ある寺の住職が死んで、その死体が狐になったという。 「半七捕物帳」について 「...